栄養バランスを考えて野菜を買おう
まごわやさしい

栄養バランスのとれた献立は、どのようなことに注意しながら選べばよいのでしょうか? 和食の場合には「まごわやさしい」と覚えると栄養バランスのとれた食生活を送ることができます。「まごわやさしい」とは、健康効果の高い材料の頭文字を集めたものです。

「ま」は豆腐や大豆などの豆類のことです。「ご」は落花生やナッツ、ゴマなどの種子類のことです。「わ」は昆布やヒジキ、わかめなどの海藻類のことです。「や」は根菜、淡色野菜、緑黄色野菜など野菜全般の事です。「さ」は鮭やサバ、アジなどの魚類のことです。「し」はしいたけ、エリンギなどのキノコ類のことです。「い」はさつまいもやジャガイモ、里芋などのいも類のことです。この「まごわやさしい」を取り入れた食事メニューを作ることができれば、7つの健康効果の高い食材を摂取することができるようになります。

つまり野菜だけ食べていても健康になることは難しいということになります。もちろん厳密にいうと、それぞれの量であったり、調理方法なども重要なポイントになってきますが、そこまで全て気にしてしまうと、疲れてしまって継続して栄養バランスのとれた食生活を送ることが難しくなってしまいますので、まずはとりあえず「まごわやさしい」を意識した食生活を送るようにしましょう。